田口翔のマネーロンダリングとは?仕組みを分かりやすく解説!【4630万円給付金誤送金】

2 min
田口翔のマネーロンダリング

山口県阿武町が誤って振り込んだ給付金4630万円を持ち逃げし、逮捕された田口翔容疑者。

4630万円はすべてオンラインカジノに使ったという田口翔容疑者ですが、

ネット上では、マネーロンダリングを疑う声が相次いでいます。

そこで今回は、「田口翔容疑者の手口として疑いのあるマネーロンダリングとは何か?」詳しくまとめていきたいと思います。

4630万誤送金事件の経緯まとめ

2022年4月8日、山口県阿武町の職員が463世帯に送金予定だった給付金4630万円を誤って田口翔容疑者の口座に送金。

職員は、誤送金に気づき田口翔容疑者に返金を求めますが、田口容疑者はそれを拒否。

「4630万円を全額ネットカジノで使い果たした」と供述し、世間を驚かせました。

2022年4月18日に、田口翔容疑者は電子計算機使用詐欺容疑で逮捕されています。

田口翔はマネーロンダリングを計画した?

誤送金の給付金4630万円を全額ネットカジノで使ったという田口翔容疑者ですが、

ネット上では「マネーロンダリングではないか?」という疑惑の声が多くあがっています。

田口翔の手口・マネーロンダリングとは?

マネーロンダリングは、日本語では「資金浄化」と訳され、

「違法な手段で入手した資金の出所を分からなくして、正当な手段で得たお金と見せかけること」をいいます。

架空会社や複数の口座への送金を、犯罪現金の出元が分からなくなるまで繰り返したり、

犯罪現金で購入したギフト券や高級車などを売り、現金化したりする方法などがあります。

そして、オンラインカジノはマネーロンダリングの温床ともいわれている場所。

オンラインカジノがマネーロンダリングによく利用される理由としては、

「オンラインカジノには世界中から大金が集まるためバレにくいというのがあるそうです。

カジノでは、現金を直接使わずチップに換金します。

まずこのチップに換金することで、資金浄化が可能となります。

そして換金したチップで賭けを繰り返し、カジノ内の仲間に渡したりすることで、出所をあやふやにすることができます。

誤送金があってからの田口翔容疑者の行動には以下のように、

  • 4630万円振り込まれてすぐにネットカジノに使っている
  • 2週間の間に全額使い切っている
  • お金がないのに弁護士を雇っている

怪しい点がいくつもあります。

この怪しい行動が「田口翔容疑者はマネーロンダリングで、お金をどこかに隠しているのでは」との憶測を多く生んでいます。

しかし田口翔容疑者は、すでに逮捕されています。

警察も「お金を本当に隠し持っていないのか」徹底的に調査するでしょう。

まとめ

今回は、「田口翔容疑者の手口として疑いのあるマネーロンダリングとは何か?」まとめていきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA