【正直不動産】木下ほうかはどんな役だった?役名は?降板理由も

3 min
木下ほうか

2022年4月期のNHKの火曜ドラマ『正直不動産』。

俳優の木下ほうかさんが当初出演予定でしたが、自身の性暴力を告発され降板となってしまいました。

そこで気になるのは、「木下ほうかさんは一体どんな役を演じる予定だったのか?」ということ。

今回は、「正直不動産に出演予定だった木下ほうかさんの役柄」について、まとめていきたいと思います。

正直不動産|木下ほうかの役名は?

ドラマ『正直不動産』に出演予定だった俳優の木下ほうかさん。

2022年3月23日、週刊誌に自身の性加害疑惑を告発され、

自ら降板を申し入れる形で、ドラマの出演はなくなりました。

NHKによると木下ほうかさんの代役はたてず、出演部分は全てカットするとのこと。

また木下ほうかさんの出演シーンはかなり多く、編集作業には2000万円ほどかかるとのことです。

しかし、そんなに木下ほうかさんの出演シーンが多かったのにも関わらず、

木下ほうかさんの出演部分がカットされても、ドラマの物語には特に違和感はないように感じる人が多い様子。

木下ほうかさんは、どんな役を演じる予定だったのか気になりますね。

木下ほうかさんの役名について調べてみたところ、

山下智久さん演じる主人公・永瀬財地の上司・瀬戸健一

を演じる予定だったということが分かりました。

正直不動産|瀬戸健一はどんな役どころ?

瀬戸健一は、登坂不動産の課長で、

自身の営業成績はあまりよくないにも関わらず、部下にはネチネチと長時間説教をするという、いいとこなしの典型的な嫌な上司です。

原作の物語のなかには、嘘がつけなくなった永瀬財地から、不正を指摘されや瀬戸健一が、登坂不動産を退社・最終的には他社へ移動となってしまうエピソードもあります。

この瀬戸健一の物語もドラマで描く予定だったとすれば、エピソード時代まるまるカットになってしまいますので、ストーリーを変更するのも大変そうですね。

木下ほうかさんは、バラエティー番組『スカッとジャパン』のイヤミ課長でブレイクしています。

ネチネチと部下をイビる、粘着質な人を演じるのがうまく、イヤミの役を演じたら天下一品の木下ほうかさんには、まさにぴったりの配役でした。

木下ほうかさん演じるイヤミ上司と、山下智久さんとの掛け合い、かなり面白そうなので、見てみたかったです。

ただ、今回性加害の事実があるからには、出演を続行するのはもう不可能ですね。

木下ほうかの性加害疑惑とは?

木下ほうかさんは、2022年3月23日に「文春オンライン」で、複数の女性への性加害疑惑を報道されています。

木下ほうかさんは、ワークショップで知り合った女優志望の女性や、新人女優を、演技指導の名目で自宅に呼び出し性行為を強要したそう。

複数の女性から、告発が相次いでいるそうです。

この報道をうけ、3月28日に木下ほうかさんは、自身のTwitterで謝罪文を投稿。

「一部事実と異なる点や10年程度前のことで記憶にないこともございますが、概ね間違っておりません。」

と、一部事実とは異なるとしながらも、自身の行いを認めています。

文集砲がでる前日の『スカッとジャパン』の最終回では、「感謝しかない」と涙をみせ、視聴者の感動を誘っていた木下ほうかさんだけに、

翌日のこの報道には、衝撃を受ける人も多かったようです。

名バイプレーヤーとして、今後も活躍が期待されていた木下ほうかさん。

しっかりと、自身の行いを反省してほしいなと思います。

まとめ

今回は、ドラマ『正直不動産』の木下ほうかさんの役についてまとめていきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA