シンウルトラマンのロケ地/撮影場所まとめ!撮影時期はいつ?公開延期の理由は?

3 min
シンウルトラマンのロケ地・撮影時期

2022年5月13日から公開されている特撮映画『シンウルトラマン』。

公開初日から「面白い!」と、話題です。

今回は映画『シンウルトラマン』のロケ地や撮影時期などまとめていきたいと思います。

シンウルトラマン|ロケ地撮影場所まとめ!

シンウルトラマンのロケ地・撮影場所まとめになります。

東京駅

巨大不明生物第2号「マンモスフラワー」が出現した場所。

こちらは、東京駅になります。

東京駅
住所:東京都千代田区丸の内1丁目

市原市内の公園

メフィラスと神永が話していた公園。

市原市内の県営住宅の一角にある公園になります。

浅草の料理屋

メフィラスと神永が話しながら飲んでいた居酒屋。

こちらは、浅草にある浅草一文というお店です。

浅草一文
住所:東京都台東区浅草3-12-6

丸の内

巨大化した浅見が歩いていた場所。

こちらは、丸の内仲通りになります。

丸の内仲通り
住所:東京都千代田区の通り

上野駅

ゼットンが群衆を見上げていた場所。

こちらは、上野駅前になります。

上野駅
住所: 東京都台東区上野7丁目

茨城県議会議事堂

政府の会議シーンで登場する会議室。

こちらは、茨城県水戸市にある茨城県議会議事堂です。

茨城県議会議事堂
住所:茨城県水戸市笠原町978-6

相馬原駐屯地

自衛隊のシーンで出てくるのは、

群馬県にある陸上自衛隊・相馬原駐屯地です。

相馬原駐屯地
住所:群馬県北群馬郡榛東村新井1017-2

シンウルトラマン|撮影時期はいつ?

シンウルトラマンは、2019年8月に製作が公表されました。

撮影開始時期は未発表ですが、2019年11月23日には全ての撮影が終了していることが分かっています。

 音楽ライブ「井上誠プロデュース ゴジラ伝説 熱海絶対防衛ライブ」が11月23日、「第2回熱海怪獣映画祭」が開催されている静岡・熱海芸妓見番歌舞練場で行われた。
〜〜〜
終了後には、映画「シン・ウルトラマン」(2021年公開)を撮り終えたという樋口真嗣監督(54)がサプライズで壇上に登場。

2019.11.23 encount

2019年10月には、千葉県市原市でシンウルトラマンの撮影をしているHeySayJUMP・有岡大貴さんの目撃情報もあがっていました。

出演者にとっては、約2年半前に撮影した映画はようやく公開されたということになりますね。

シンウルトラマン|公開延期の理由は何?

『シンウルトラマン』は本来、2021年初夏に公開が予定されていました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で、制作スケジュールに遅れが生じ、

約1年後の2022年5月に公開となりました。

2019年には、役者さんたちの撮影は終わっているので、製作スケジュールとはおそらく編集作業のことになると思われます。

また公開延期は、コロナ以外にも庵野監督の作品へのこだわりも関係しているのではといわれています。

庵野監督は、作品作りに一切の妥協がないことで有名な監督です。

2016年の庵野監督の大ヒット作品『シンゴジラ』の興行収入を超えるためにも、

納得のいく形で作品を世に出せるよう、公開延期もやむを得なかったのでしょう。

まとめ

今回は、『シンウルトラマン』のロケ地や撮影時期などまとめていきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA