映画『渇き』オダギリジョーの嫁/妻役は誰?派谷恵美が性被害を告発か?

2 min
「渇き」オダギリジョー の嫁役

2022年5月19日発売の週刊文春で、元女優のA子さんが、中島哲也監督からの性被害を告発しました。

その女優A子さんは、映画『渇き』でオダギリジョーさんの奥さんの役だったということ。

そこで今回は「性被害を告発した女優A子とは誰なのか?」まとめていきたいと思います。

女優A子が中島哲也監督からの性被害を告発

日本の映画界で相次いでいる女優さんの告発。

2022年5月19日発売の週刊文春にて、中島哲也監督への性被害の告発がありました。

告発したのは、女優のA子さん。

A子さんは、映画『渇き』に、オダギリジョーさんの奥さんの役として出演していたのですが、

オダギリジョーさんと敵対する役所広司さんの役に、レイプされるというシーンがあります。

A子さんは、レイプされるシーンがあるということは承知していたのですが、

「バストトップの露出はNG」だと撮影前から事前に伝えていたそう。

しかし、撮影当日にいきなり、中島哲也監督はニップレスを外して撮影するように指示。

最初は拒否したというA子さんですが、中島哲也監督から

「1日撮影を中断したら300万円の損失がでる」

と脅され、結局指示に従いニップレスを外し撮影することになってしまったそうです。

A子さんは、多くの人が見る試写会で自分のバストトップが公開されたことにショックをうけ、

うつ病や体調不良などに陥ってしまったそうです。

監督という権力で、女優さんに一生の傷を与えてしまう中島哲也監督の行動は本当に許せないですね。

映画『渇き』オダギリジョーの妻/嫁役は誰?

今回性被害の告発をした元女優のA子さんとは、派谷恵美(はたちや めぐみ)さんになります。

派谷恵美さんは、オーディションでこの役を掴み取ったそう。

公開当初も、かなり体を張っている女優さんがいると話題になっていたようです。

しかし、その裏では苦しんでいたということを思うと心が痛いです。

派谷恵美のプロフ経歴

派谷恵美(はたちや めぐみ)
生年月日:1985/8/12
年齢:37歳(2022/5.現在)
出生地:千葉県千葉市

派谷恵美さんは、1999年にデビュー。

身長が171cmとスタイルがよく、女優だけでなく、モデルとしても活動されていました。

2000年の映画『非バランス』では、主演を務め「ヨコハマ映画祭最優秀新人賞」を受賞。

それ以降も、様々なドラマや映画・CMに出演されていますが、

派谷恵美さんの出演作品のなかで一番有名な作品は、映画『渇き』のようです。

派谷恵美は現在何をしている?

派谷恵美さんは、2016年に映画『ひかりをあててしぼる』に出演して以降、

特に女優としての活動はしていらっしゃらないようです。

ちなみに派谷恵美さんの最後の出演作「ひかりをあててしぼる」も、

夫からのDVを描いた生々しい作品で、派谷恵美さんは体当たりで演じられていました。

派谷恵美さんは、InstagramやTwitter等、SNSを特にやっていないようですので、

現在何をしていらっしゃるのか分からない状態です。

一部では「引退した」とも言われているようですが、

派谷恵美さんは元々、頻繁に作品に出演するタイプの女優さんではないようですので、

もしかしたら、いつかまた女優としての活動を再開されるかもしれませんね。

まとめ

今回は、「中島哲也監督からの性被害を告発した女優A子とは誰なのか?」まとめていきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA