反アベ団体はどこ?団体名や活動内容・正体は?しばき隊やシールズの噂も!

2 min

安倍晋三元総理の事件で「反アベ団体」という団体が、犯人の裏にある疑惑が東スポで報じられました。

「反アベ団体とは、どんな組織なのか?」

団体名や活動内容など、まとめていきました。

安倍晋三元総理事件の背後に反アベ団体?

2022年7月13日、東スポが「反アベ団体」という団体の存在を報道しました。

東スポによると、安倍晋三元総理事件の犯人が、反アベ団体に所属していた疑惑があるとのこと。

犯人は、所属していたとされる反アベ団体は、

  • リベラル色が強い
  • 安倍氏の長期政権の独善的な姿勢を嫌う
  • 安倍ファミリーも敵視する
  • 会員は数千人規模

という特徴があるようです。

「この報道された反アベ団体は、どこなのか?」話題になっています。

反アベ団体とは?

「東スポで報道された反アベ団体はどこなのか?」団体名は一切明かされていません。

実際に犯人が「反アベ団体」というものに所属していたのも真実なのか分かりません。

しかしネット上では、いくつかの団体の名前が憶測としてあがっていました。

名前があがっているのは、

  • しばき隊
  • SEALDs(シールズ)
  • 革マル

という3つの団体名です。

しばき隊

しばき隊は、在日外国人に対する差別に極端な反対運動をすることで知られる集団。

しばき隊は、安倍元総理を“ファシスト”と位置付けています。

2017年7月に、秋葉原で街頭演説を行っていた安倍晋三元総理に向かって「安倍やめろ」と、巨大横断幕を掲げて抗議していました。

SEALDs(シールズ)

2015年に日本の学生により結成された団体。

安倍晋三元総理の政権運営や憲法感に対して危機感を感じた学生が集まり、

「安倍政権をやめさせよう」と活動していました。

しかしシールズは、2019年に活動を終了しているようです。

革マル

革マルの正式名は、「日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派」。

日本の新左翼党派の一つです。

革マルも安倍晋三元総理の政策を批判し、「政権打倒」を主張して、抗議活動をしていました。

今のところ「反アベ団体」として名前があがっているのは、上記の3つの組織ですが、

犯人はこの3つのうちどれかの団体に入っていたかは分かりませんし、

他の団体がある可能性もあります。

こちらは、また新しい情報がありましたら、追記いたします。

まとめ

今回は、「反アベ団体とは、どんな組織なのか?」団体名や活動内容などまとめていきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA