【画像】4630万円誤送金の犯人・田口翔の顔写真!弁護士も共犯か?

3 min
誤送金の犯人・田口翔の顔写真

2022年4月8日、山口県阿武町が給付金4630万円を誤って1世帯に送金してしまった問題。

この振込先の男性の名前が「田口翔」という名前の人物であることが明らかになりました。

今だに返金をせず逃亡しているという田口翔という人物。

今回は、この田口翔の顔写真や、事件についてまとめていきたいと思います。

4630万円誤送金事件とは?

2022年4月8日、山口県阿武町がコロナ支援金の給付対象である463世帯に振り込む予定だった4630万円を24歳の男性に誤送金してしまったことが発覚。

この誤送金に気づいた職員は、24歳の男性の自宅に行き事情を説明し謝罪、

そして4630万円を返してもらうために、男性の口座がある銀行へ一緒にむかったそうですが、

銀行に到着するなり突然、男性の態度が豹変、

男性は、

「どうして欲しいか説明の文書をくれ。きょうは手続きをしない」

といい、お金を引き出すことを拒んだそう。

その後も男性はお金を返すことを拒み続け、

問題発覚から2週間の間にほぼ全額が口座から引き出され、その男性とは音信不通で連絡がつかない状態とのこと。

そして16日に行われた会見では、男性の弁護士が会見を開き、

「4630万円はすでにネットカジノで全額使い切った」

と語っています。

大金を誤送信してしまった阿武町も問題ですが、

税金を自分のものにしてしまい、さらには使い切ったと言ってしまう男性はかなりやばいですね。

【画像】4630万円誤送金の犯人・田口翔の顔写真!

4630万円を持ち逃げした男性の名前は特定されており、

「田口翔」という人物であることが、

役場の公式サイトで公開されていた訴訟概要で明らかになりました。

しかし、田口翔を知る近所の方からのインタビューによると、

田口翔の外見は、

  • 痩せ型
  • 肩くらいのロン毛
  • イケメン
  • 背丈は170以上

ということがわかっています。

また決して暗くはないが、友達はあまりいなさそうな雰囲気、

挨拶したら「おいっす」という感じで、最近の若者だなと感じたとのことです。

そんな田口翔の顔写真はこちらになります。

引用:デイリー新潮

この写真を見る限り、チャラい若者という感じですね。

4630万円誤送金の犯人・田口翔の住所は?

田口翔が住んでいた山口県阿武町の家の住所は、

訴訟概要から「阿武町大字福田下3437番地」ということが分かりました。

田口翔の自宅の周辺の場所はこちらになります。

田口翔は、事件の1年ほど前に、町内の空き家に住むことによって支援を受けられる“空き家バンク”制度を利用して移住してきたそうです。

少なからず田口翔はお金に困っていたということが分かりますね。

4630万円誤送金の犯人・田口翔の仕事は?

逃亡前、田口翔は、

自宅から車で40分ほど離れた萩市内のホームセンター

で勤務していたそうです。

正社員で給与は25万円ぐらい。

田口翔の同僚によると、多少遅刻があった程度で、勤務態度は悪くなかったとのことです。

騒動後には、勤めていたホームセンターも「迷惑をかけるから」と退職しています。

現在は何をしているのでしょうか?

田口翔の弁護士も怪しい?

2022年5月16日、田口翔の弁護士が顔出しNGで会見を行ったのですが、

「この弁護士も怪しい….」という声があがっています。

弁護士はこの会見で、

  • 警察の聴取や裁判には応じる
  • 現実的な問題として返金は難しい
  • 田口翔が現在も連絡はとれる状態
  • 4630万円は使い切ってしまった

と語っています。

この弁護士が怪しいといわれているのには、以下の理由が。

  • 弁護士なのに顔出しNG
  • だらしない格好
  • 弁護士を雇うお金がある

弁護士なのに顔出しNG

5月16日の会見を弁護士は顔出しNGで行なっています。

弁護士で顔をださないで会見する人はあまりいないため、

「何か後ろめたいことがあるのでは?」と思ってしまう人が多くいるようです。

だらしない格好

田口翔の弁護士のだらしない格好も注目を集めました。

会見で見る弁護士の方はピシッとしているイメージがありますが、

田口翔の弁護士は今回の会見で、

  • だらっとしたスーツ
  • 袖や背中からシャツがでてる

など、かなりだらしない格好となっています。

この格好からは、あまりキチンとした弁護士とは感じられないですね。

弁護士を雇うお金がある

田口翔は、お金をすべて使い切ってしまい、払えるお金はないと言っていますが、弁護士を雇っています。

ということは、弁護士を雇うお金はあるということ。

このことから「この弁護士も共犯でお金を隠しているのではないか?」という噂もでてきているのです。

真実は分かりませんが、上記の一連のことを踏まえると、この弁護士の方が疑われるのもしょうがないかもしれないです。

まとめ

今回は、

「4630万円誤送金事件」の田口翔の顔写真や事件についてまとめていきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA